ポンド円 5/19の予想 | FXデイトレード.com

ポンド円 5/19の予想

<ポンド円 5/19の予想>

応援よろしくお願いします!!
にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

ポンド円 5/19の予想を致します。

昨日のNYタイムの為替相場は終わってみればドル高。

NY時間に発表されたフィラデルフィア連銀製造業景気指数が

38.8と予想の18.5を大きく上回り、新規失業保険申請件数も

予想を超える改善を示すなどドルにとっては好材料となりました。

ある短期筋は「ドルの下値が堅いとは思えないが、

売りはいったん収束した」と指摘。

そのうえで、「米国の政治情勢がさらに混乱する前に利上げを急ぐ可能性はある」

との見方を示しています。

原油価格も来週開かれる産油国会議への期待が高まり堅調に推移。

これらからNY株式市場は三指数ともに上昇に転じたことで

市場には安心感が戻り始め

トランプ米大統領を巡るロシア疑惑に対する

リスクオフも一休みとなりました。

今週水曜日から木曜日にかけたドル円の113円台から110.24円までの下落は、

トランプ米大統領への疑惑を巡る「思惑」をもとにした、

短期投機筋が中心となった動きだそうです。

ただ、昨日のNY市場を見る限りでは、米国の「ロシアゲート」疑惑に対する

金融市場の反応はいったん落ち着いたように見えます。

しかしながら、ロシア疑惑への特別捜査官に

ロバート・モラー元FBI長官が任命されたのは昨日であり、

トランプ大統領への追及が強まるのはこれからとみられます。

トランプ大統領は自身のツイッターで「史上最大の魔女狩り」と反論し、

米司法省との対決をあらわにしている模様。

大統領と米議会の対立が深まれば、市場が期待している税制、

経済対策が遅れる可能性も出てきて、

ドルにとって重しになると思われます。

ただ、市場関係者の間では特別検察官任命が決定されたことについて

「トランプ大統領による犯罪行為が立証されることや、

起訴が正当化されるわけではない」との声が聞かれています。

さらに、市場関係者の一部は「トランプ大統領とロシアが

共謀していたとの疑惑は早い時期に払拭されるのではないか?」

と予想しており、トランプ政権に対する不信感

がさらに高まることはないと考えているようです。

ただ、もし大統領が弾劾されたとしても減税やインフラなどの

政策は変わらないとの見方もあります。

そうであれば、寧ろトランプ大統領が退陣した方がドルにとっては

プラス材料とみることもできます。

一方、ポンド円は、昨日発表の4月の英小売売上高(ガソリンを除く)は

前月比2.0%増と、市場予想を上回る増加となり、

144円台後半まで上昇。

その後144円台前半まで下げたものの、

米国の経済指標改善を受けてドルが買い戻され

再度144円台後半まで上昇しましたが、

その後143円台前半まで下落するなど、もみ合いとなりました。

本日は英国の主要指標発表はなく、

材料難のなか方向感を探る動きと予想されます。

本日のポンド円の予想ですが、

抵抗線は、144,80円、その上は、145、20円、

サポートは、143,80円、その下は、143、15円となります。


PR
【海外FX】

日本人に最も多く利用されている海外FX会社XMは、
高い約定率と、入金ごとのボーナスが魅力!
日本国内銀行のクイック入金にも対応
     
XM(エックスエム)の公式ページ

XMの詳しい口座開設マニュアル(画像付き)

XM利用投資家数 196カ国 40万人


【注目記事】

★★使わないと損!為替のプロ愛用の未来予想ツールがタダで利用可能!?
詳細はこちら→http://myuragu11.blog.fc2.com/blog-entry-56.html

Source: ポンド円 今日の予想

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

トレード技術を体系的に学べる動画

ページ上部へ戻る